dramatic life 面白きなきこの世を面白く

仕事 恋愛 趣味 このつまらない世の中をどう面白く生きるかをテーマに様々な切り口から想いを綴ります。

男の8割は浮気する



昨日の黄昏流星群の中での台詞である(笑)


見た目などが良かったら10割浮気する。。。



のか?(笑)



確かに、男性は誘惑に弱い。

映画等でも屈強な男が美女に誘惑され、鼻の下を伸ばしてるマヌケな場面が容易に想像できる。



君は僕に

『あなたは誘惑に弱いの?』



などと、冷めた視線を送ってくるが、、


いやいやいや、僕は人として初対面の人に話しかけられたら笑顔で対応するし、質問されたら答えるってのが僕の習性だ。



投げられたボールはすべて打ち返す❗



だが、その行為に他意はない。

お客様に向ける営業スマイルとなんら変わりないのだから。



それに、こんなに君を好き好きオーラ出してんのに、寄ってくる女性などいないだろう?(笑)



って言ったら、



『女はいいなって思う男がいたら、そんなの関係ないのよ。』



僕はその時は、


へぇ?そんな奇特な人いるのかな?いるわけないじゃん。


なんて、思っていたのだけど、、、、



今、理解した。。。



いたわ。。。



君がそうだったのかも知れない?のかな?



君と知り合ったとき、僕は元の彼女のことが忘れられず。別のサイトでブログをひたすら書いていた。



しかし、プロフィールには、

『大切な人がいます。だから、ここではブログを書いているだけ。』



と、載せていたはずなのに、、君は好意を寄せてくれた。僕は君の書く文章に惚れてやり取りが始まったわけなのだけど、、、



直接やり取りを始めて

『恋人がいるんですよね?』



『いや、いないけど?(笑)なんで?』



『だって、プロフィールには大切な人がいるってかいてあったから。。』



ってことで、僕の事情を説明したわけなのだけど、、。



君は僕に彼女がいようがいまいが関係なかったわけだ?



。。。見かけによらず肉食ね❤(笑)



でも、まぁ、安心してください❗



履いてますから!(笑)←やっぱ古い(笑)



いや、冗談はさておき、


僕は君を困らせるようなことはしないから、大丈夫。。



心配ないよ。



ずっと君だけを大好きでいるの。


君しか見えないから。。



Taylor Swift - Blank Space

デートがあるから仕事を片付ける❗( ・`д・´)



みんなは会社のために働いているのか?



僕はそれはない(笑)僕はそんなもののために働いてはいない。



生活のため?



うーん。まぁ生きていく糧としての賃金を貰っているんだけど。意味合いとしては、違う。



家族を養っている人は、家族のためって人も多いだろうね。でも僕は独り身だから、これも違う。



ではなぜ?



1つは、、天職だ(と思っている)からだ(笑)

これに関するエピソードはいくつかあるのだが、それはまた別の機会に書こう。



もう1つは、、この仕事が好きなんだ。。

まぁ、それも天職だと思う理由の1つなのかもしれないが、、。





しかし、僕は今、さらにもう1つの理由により、月曜の分まで仕事をマッハで片付けた(笑)



そ、れ、は~🎵



君とのデートがあるからなのれす❤(笑)



いや、頑張った🎵頑張った🎵



これぞ愛の力🎵

時間は『作るもの』なのれす❤(笑)



なんか、テンション上がってきた(笑)


君がいるから仕事も頑張れる。



あとはデートの準備しなきゃ🎵

お弁当のレシピを考えよっと😉

文字では伝えきれない。。



僕はLINEでもブログでも文字だけでは伝えきれない熱量をいかに表現するか?って思って書いてるんだけど、、



やはり、伝えきれない、受け止めきれない己の非力さを呪った。。




で、、、



電話しても良い?



なんて、、、遅い時間にも関わらず、身勝手なお願いをしてしまったことを悔やんだ。。



君は快く、5分後にかけるね♪



って言ってくれたのだけど、、、



電話が来てから気づいた。。



ごめんね。。。



こんな寒いのに夜遅くに出歩かせてしまって。。



風邪を引かないかな?



都会は治安が悪いから、可愛い娘が一人で歩いてて、輩に絡まれたりしてないかな?



なんて、、心配もありつつ。。



ごめんねと、ありがとう❤



僕の日本語力が非力なばかりに、君を危険に晒してしまった。。



でも、久しぶりに電話で話す君は、相変わらず可愛い声で、心地よかった。。



ドキドキして、君とお話しながら、お散歩してるような感覚になった。。



前を歩く若いカップルがこんな話してるよ?

若いって素敵ね。



僕らは年を重ねたけど、やはり恋は若い頃と同じで、、いや若い頃より表現は増えたけど、やっぱり君に対する言葉は稚拙な『大好き』しかない。



寒い朝は君を抱き締めたいと、枕を抱き締める。



あぁ、早く会いたいよ。。



今日も君を渇望する。